もの忘れの原因|物忘れに効くサプリメントの比較

もの忘れの原因

 

もの忘れの主な原因は、年齢に伴う老化にあります。加齢によって筋力が衰えてくるのは誰もが実感することですが、脳の働きの衰えは、筋力のように測定できるわけでもありませんし、数値で表しずらいですから、すぐにピンとはきません。

 

健康診断で血糖値や血圧などの数値が上がっていれば、年をとってきたからとか生活習慣が悪いからと、納得できる数値や要因や原因があるのですが、脳の働きは目には見えませんし、比較もできないため分かりにくいのです。

 

身体が年々衰えていくように、脳の働きも年をとれば年々衰えていくのは仕方ないことです。身体の健康は、運動や食事などで気にしていても、脳の健康にまで普段から気を使っている人はそういませんから、もの忘れについては、将来どうなってしまうのかという心配になる人が多いのも致し方ないことです。

 

 

もの忘れの主な原因

 

老化が原因によるもの忘れ

 

脳の細胞は年齢とともに減少していきますから、それに伴って記憶力や判断力も落ちてきてしまいます。パソコンのでいうと、ハードディスクの容量やメモリーが増えないために、処理能力が落ちてくるような状態で、新たに増やすことは難しいですから、今あるものを少しでも維持していくことが大切です。

 

ストレスが原因によるもの忘れ

 

仕事や家事が忙しく余裕がなくなってしまうと、気持ちに焦りも出て、うっかりもの忘れをしてしまうことが多くなってしまいます。ストレスが原因で気持ちに余裕がなくなると、更に不眠やイライラなどの精神状態も悪くなるという悪循環に陥ってしまいますので、原因となるストレスを溜めないようにすることが大切です。

 

病気が原因によるもの忘れ

 

アルツハイマー型認知症など、老化ではない脳の神経細胞の破壊が原因となってるもので、病院で検査、治療を受けることが必要です。若年性アルツハイマー病の場合も考えられますから、気になる場合には早期診断、治療が大切です。